メニュー
string(26) "/method/how-to-choose.html"
審美歯科(ホワイトニング)完全ガイド » 歯を白くするための審美歯科の治療メニュー » ホワイトニングならどの歯医者?選び方のポイント

歯医者の選び方のポイント

歯の色にコンプレックスを持っている人が「自分の笑顔に自信を持ちたい」「営業職なので相手に好感を与える笑顔を手に入れたい」といった考えをもつのはごく自然なことです。清潔感のある白い歯はその人の第一印象をよくするものです。ただし、治療を実際にしようと決意しても「ホワイトニング治療は歯に薬剤を塗って照射するだけだからどこの病院に任せても大差ないだろう」といった感覚で施術場所を慎重に決めない方もいるのではないでしょうか。けれども、この方法はあまり良い選び方とは言えません。このページでは、ホワイトニングをする際にどの歯医者で治療を受けるべきか、ということについて説明していきます。それぞれの項目で根拠を示しながら進めていきます。ぜひ、ホワイトニングを任せる歯医者のかしこい選び方の参考にしてみてください。

ホワイトニングは「医療機関」で受けるのがおすすめ

ホワイトニングは保険診療ではないという理由もあるため、決して安くはない料金がかかる傾向にあります。ですから、料金の安さのみを優先してホワイトニングを行っている施設を探すと、どうしてもセルフホワイトニングに行き着きやすくなります。

もちろんセルフホワイトニングも質の高いサービスを提供している場合も少なくありません。けれども、歯科医院やクリニックなどといった医療機関と比較すると、仕上がりの質などの満足感には差が生まれることもあるようです。

  • セルフホワイトニング

    セルフホワイトニングを選ぶ場合、その主な理由はやはり「料金が安い」「気軽」「自分のライフスタイルに合わせられる」などの理由が上位にくるでしょう。

    ただ、セルフホワイトニングであっても、あるいは歯医者から処方される薬剤を用いて行ういわゆる「ホームホワイトニング」であっても、歯科医院やクリニック内で行われる「オフィスホワイトニング」と比較すると、仕上がりや白さの長続きなどの点では、かなり満足度が異なってきます。それは、使用する薬剤が違うのがその大きな原因です。時間の融通を利かせたい方には向いていますが、できるだけ早く歯を白くしたいと考えている方には向かないかもしれません。

  • 歯医者

    歯科医院やクリニックで行われるホワイトニングでは、過酸化水素が利用されている薬剤が用いられます。これは、サロンやセルフホワイトニングでは使用が禁止されている薬剤です。歯科医師免許を有している歯科医師のみが扱うことを許可されているのがその理由です。

    そのため、歯科医院で行われるオフィスホワイトニングでは、個人差はあるものの、歯を白くするための効果に限度がないわけです。短時間で美しい白さを引き出すことも可能です。

歯医者の選び方

せっかくのホワイトニング治療です。できるなら、極端に高い料金をかけずに、しかもアフターケアなどが手厚い歯医者を選びたいものです。そのために押さえたいポイントが、大きく分けて3つあります。「歯科医院やクリニックの雰囲気」「実際に行われる治療の質」「通院を続けるのに適しているかどうか」です。これら3つのポイントについてひとつずつ説明していきいます。

  • 1.歯医者の雰囲気をチェック

    医療機関である歯科医院やクリニックでは、もちろん治療そのものの技術が大切であることは事実です。ただ、初めて利用する場合など、歯科医師の実力を図ることは至難のわざだといえるでしょう。そこで、よい歯医者の選び方において重要な判断基準となってくるのが、表面上でも感じとれる雰囲気やホームページへの力の入れ具合です。利用者がリラックスできる雰囲気や、施術や料金が分かりやすいホームページであれば、それだけ利用者に寄り添ってくれる対応が期待できるでしょう。

  • 2.対応の仕方に好感が持てるかどうかも重要

    歯科医院の先生や絵歯科衛生士、あるいは受付のスタッフなどの対応の仕方は、ひとつの判断基準になります。もちろん歯医者に限ったことではなく、接客業全般にあてはまるといえます。明るく親切な対応をしているかどうかで、お客さんや患者さんがうける第一印象は大きく変わるもの。「ここなら自分の歯の悩みに親身になって一緒に考えてもらえそう」と思ってもらえないようなところは、やはり「細かい配慮ができない歯医者」という可能性が高いといえるでしょう。

  • 3.ホームページが充実しているかどうか

    現代では、多くの歯科医院が公式ホームページを開設しています。ささいな事に感じられるかもしれせんが、このホームページに掲載されている情報が充実しているかどうかもよい歯医者の選び方においては見逃せないポイントです。

    特に、「院長先生の名前やプロフィール」と「料金の詳細情報」が載っていないホームページの場合は注意が必要です。

    もちろん、載ってないからと言って悪い歯医者と考えるのは行きす過ぎでしょう。けれども、問い合わせてみてももよくわからない、といった場合には、実際に施術をした後に、想定以上の金額を請求されしまう可能性もゼロではありません。後々のトラブルを回避するためにも、情報の開示が両者にとって大切なのです。そのため、情報開示をおろそかにしているところは新調になるべきだといえるでしょう。

  • 4.ホワイトング治療の質について

    医療は常に進化し続けています。そのため、より高度なレベルの技術を習得や新しい研究結果を知りたいと考えている歯科医師、つまり「向上心の高い歯科医師」が行なう施術は、質が高い可能性があがります。このように、歯科医師の「医療への取り組み姿勢」は、やはり患者さんへ施すホワイトニングの技術にも影響を及ぼすことを考えると、配慮したいポイントの一つだといえるでしょう。

  • 勉強熱心な歯医者の選び方

    向上心の高い歯科医師に、満足のいく仕上がりを得られる治療を行ってもらいたいというのは、患者さんにとって自然な思いです。では、向上心が高いかどうかについて、どのような点から判断すればよいのでしょうか。勉強会などに積極的に参加している歯科医は、公式ホームページなどにそのことを記載している場合が多いです。

    また、休日に診療を行っている歯科医院でも時折、臨時休診になっているのは、そういった勉強会や講演会などに参加しているのがその理由である可能性もあります。休診理由についても、ホームページのお知らせ欄などにその情報を載せている歯医者もいるので、ぜひチェックしてみてください。

    毎年講習を受けるなどしてホワイトニングの資格を更新している歯医者もいれば、例えば数年前から更新が止まってしまっている歯医者もいます。よく調べると見えてくる情報があります。

  • アフターケアはきちんとしているか

    ホワイトニング治療を受けるならぜひ把握しておきたいのは、「歯の白さは永続するわけではない」という点です。

    ホワイトニングの成果がでて歯が白くなったとしても、それがずっとキープされるわけではありません。日々の暮らしの中で、少しずつ歯に色がついてしまいます。そのため、常に白い歯を維持し続けたい場合は、継続的なホワイトニング治療が必要です。この場合、アフターケアが充実している歯医者を選ぶことが大切です。

    というのも、「もともとホワイトニングは継続して行うべきもの」という考え方でホワイトニングを行っている歯医者の場合、白くなった歯をどのようにケアしていくべきか、あるいは治療を継続するにはどうすべきかについて説明してくれるからです。また、初回のホワイトニングよりも、2回目以降は割引価格で治療を受けられるようなサービスを実施している歯医者もあります。

    ただ初回費用が安いという理由だけでなく、サポートもチェックしましょう。

  • 新しい技術や薬剤

    ホワイトニング治療においても、より新しい技術や薬剤を勉強し、導入に積極的な歯医者を選ぶのがおすすめだといえるでしょう。最新の技術や薬剤は、より高い効果を期待できるものやより安全性が重視されたものである場合があるためです。

    つまり、患者さんにとっての治療方法の選択肢が増えることにもつながるわけです。歯医者が、「一人ひとりの患者さんの歯の状態や要望を叶えるためにピッタリのホワイトニングを施したい」と考えているのであれば、従来の医療機器や薬だけを使い続けるといった状態にはならないはずです。

    また、歯科医師によっては、公式ホームページやブログなどで「こういうアイテムを導入しました」などの情報を掲載している場合もあるので、ぜひチェックしてみてください。また、ブログの中には、これまでホワイトニングでどのような症例を扱ってきたのかなどを書いている記事があったり、あるいは写真が紹介されてたりすることもあります。歯科医師の知識や経験の深さを感じ取れる材料となるかもしれません。

    ただし、新しい技術や薬剤は、症例数が少ないこともあり、どのようなトラブルが隠れているか分からないケースもあります。そのため、そういったリスクの説明をしてくれる医師だとより良いといえるでしょう。

  • 通院に便利な選び方とは

    最後に、「継続的にホワイトニングを受ける場合の歯医者の選び方」を説明していきます。ホワイトニングは、満足な白さを実現できても、日常生活を送る中でだんだんと色が戻ってしまうもの。そのため、白さを維持するためには継続的にホワイトニングを受ける必要がありますが、自分が通院を続けやすい歯医者を選ぶことが大切です。

  • 診療を行っている時間や曜日

    歯医者によって1日の診療時間や、診療を行っている曜日などの設定は異なります。ただし、一般的には夜間や土日、祝日などの診療は行っていない場合が多い傾向にあります。そういった時間帯や曜日では、スタッフを確保するのが難しいという問題があるのは確かです。けれども、「平日は勤務しているから、ホワイトニング治療を受ける時間をつくれない」「勤務後に歯医者に寄ろうとしても間に合わない場合が多い」などといったニーズに応えられない歯医者であるという捉え方もできます。

    しかし、都会のビジネス街にある歯医者などを中心に、駅からのアクセスなどが非常に良好な場所で、比較的夜遅くまで診療を行っている歯科医院やクリニックもみられます。自分の勤務地から近い場合であれば、お昼休憩の間に診てもらう・会社帰りに利用するといった通い方も可能です。

    通いにくい場所にあると、通院するのにもしっかりと時間を作る必要があり、徐々に億劫になると、通わなくなることもあるでしょう。自身のライフスタイルを鑑みて、通いやすいところを選ぶましょう。

  • ホワイトニングに力をいれている歯医者

    「歯医者」とひとくちにいっても、力を入れて取り組んでいる診療科目はそれぞれです。バランスよく総合的な歯科医療を提供を目指しているところや、審美歯科を専門に扱っているところや、さらに細かく、ほぼ「インプラント専門」のような場所もみられます。

    ホワイトニングの場合も同様で、力をいれているところと、「一応取り扱ってはいるけれど…」といったケースとがあります。やはり、ホワイトニングを受けるならそれに力を注いでいる歯科医院がおすすめです。

    そのほうが、料金が抑えられていた李、ホワイトニング治療の経験が豊かだったりするため、より質の高いサービスを期待できるからです。

    また、ホワイトニングで用いる薬剤は、使用されずに長期間保管されていると、少しずつ劣化がすすみます。劣化した薬剤だと、ホワイトニングの効果にも影響が出てしまう可能性も否定できません。ホワイトニング治療を頻繁に行っていない歯科医院であれば、必然的に薬剤も古くなる可能性が高まります。また、薬剤の新鮮さの問題以外にも、薬剤のタイプ自体が古いという問題もあります。新しいホワイトニング治療の薬剤であれば得られるはずの「痛みを軽減させる」などの利点を得られません。だからこそホワイトニングに力を入れているところを選ぶべきなのです。

  • 湘南美容歯科(サイトイメージ)
    【ホワイトニング料金】
    1本500円~/上下20歯1万円~(ポリリンホワイトニング)
    引用元:湘南美容歯科(http://www.sbc-dental.com/)
  • 高須クリニック(サイトイメージ)
    【ホワイトニング料金】
    1本1500円(オフィスホワイトニング)
    引用元:高須クリニック(http://www.takasu.co.jp/)
  • 品川デンタルケアクリニック(サイトイメージ)
    【ホワイトニング料金】
    上6本初回2770円~(クリスタルホワイトニング)
    引用元:品川デンタルケアクリニック(http://www.shinagawa-dental.com/)
理想の笑顔になれるのは誰?ホワイトニングマラソン
PAGE TOP
メインメニュー
       
このサイトは、2018年11月時点に調査した情報をもとに作られています。一部情報が正しくない可能性もあります。ご了承ください。
また、クリニックの最新情報については、各公式サイトでご確認ください。

Copyright (C) 自分史上最高の輝きに!
審美歯科パーフェクトガイド
All Rights Reserved.

自分史上最高の輝きに!審美歯科パーフェクトガイド